アプリ出会い
2017-04-26(Wed)

【情報編231】女性の美容と健康にエクオールを摂りましょう

どうやら女性は、40代を過ぎると活発で活気ある女性とそうでない女性に別れてくるらしいです。
私は、男性なのでよくわかりませんが、更年期やゆらぎ期というものみたいです。
エクオール

ところが、40代になっても60代になっても元気な女性はいつまでも元気ですよね。
どうやらこの違いは、体内でエクオールを作れるかどうかにかかっているらしいのです。

世の女性の約半分は、体内でエクオールを作ることができ、いつまでも健康で若々しさを保てるのですが、体内でエクオールを作れない女性は年とともに活気がなくなってくるらしいです。

でも、このエクオールは体外からでも飲料によって補給できるんです。

本日ご紹介するのは、このエクオールを効率よく摂取できるエクエルという大塚製薬のサプリメントです。

エクエルは大豆を発酵ささせて作ったサプリメントで、女性の健康と若々しさを保つのに必要なエクオールを効率よく摂取することができるということです。

詳しくはこちらのサイトからご確認ください。





大塚製薬のキャンペーンに参加中[PR]
2017-04-20(Thu)

【情報編230】外貨(豪ドル)を国内で最も安く交換する方法

先日の記事の続きです。
先日は、オーストラリアドルをなるべく安い手数料で交換するためにネット上を探し回った結果見つけた「外貨交換ドルユーロ」というサイトを利用したところまで書きました。
本日は、このサイトから外貨交換を申し込む手順について書きます。

前回の記事はコチラ
「【情報編229】海外旅行の前に海外通貨を最安値で用意する方法<古いトラベラーズチェックを換金>」

【ドルユーロでの外貨交換手順】
ドルユーロで日本円を外貨に交換する場合の取引手順は下記のとおりです。

①換金レートを確認
②交換したい国のバナーから「外貨を買う/外貨にする」をクリック
  (日本円を外貨にする場合)
③交換したい外貨の金額を入力
④外貨交換に必要な日本円の金額とA銀行の場合の比較が表示される。
⑤金額に納得したら、届け先の住所やメールアドレスを入力
⑥お金の振込方法(銀行振込:400円、代引引換700円)を選択
⑥入力内容を確認した後、「この内容で注文する」ボタンのクリックで注文確定
⑦銀行振込の場合はメールで指示のあった振込先にお金を振り込み
⑧ドルユーロ側で当日の午後3時までに入金の確認が取れた場合は当日発送
 それ以降に確認が取れた場合は翌日発送となります。
⑨簡易書留で注文した国の外貨が届く


【①現在の換金レートを確認】
では、実際に「外貨交換ドルユーロ」を利用する場合の手順を詳しくご説明します。

まずは、「外貨交換ドルユーロ」のサイトから本日(4月20日)の交換レートを確認します。
ドルユーロ20170420
<クリックで拡大>

この金額に対して本日も銀行の代わりにトラベレックスの換金レートと比較します。(トラベレックスの本日のレートは一番最後に掲載しています。)
(トラベレックスのレートは他の銀行のレートとほぼ同じと考えて良さそうです。)

その結果をまとめたものがコチラです。
交換レート比較20170420
本日は、米ドルやユーロについて400円の書留手数料を差し引いても少しだけ安くなっているようです。
しかし、「ドルユーロ」のメリットは、豪ドルや香港ドル、韓国ウォンなどを交換するときに発揮されます。
豪ドルについては、10万円分の換金時にほぼ1万円ぐらい差額が発生しています。
これは大きいですよね。

ちなみにドルユーロの換金レートは1日に2回ほどしか更新されませんので、1日の為替変動が大きかった日は、銀行などのリアルタイムレートより得になる場合があります。

【②今回は豪ドルを選択しました。(4月20日)】
ドルユーロ申し込み<豪ドル>
<クリックで拡大>
元々のトラベラーズチェックは400ドルでしたが、あまりいい数字はないので、この数字に近い意味のある数字として390ドル(サンキュードル)を選択しました。
(実際の申込日は、4月11日でした。)

③~④省略
⑤A銀行より3,702円お得ですと表示されましたが、トラベレックスのレートと比べると2,901円の差となりました。
  それでも、約1割分の手数料が浮く計算になります。

⑥お金の支払い方は銀行振込を選択しました。
 その場合、簡易書留の手数料として400円だけが必要となります。
 銀行の振込手数料はこちら持ちになりますが、私はゆうちょ銀行からゆうちょ銀行への送金を行いましたので、手数料は0円でした。
 ゆうちょ銀行の他に三菱東京UFJ銀行や楽天銀行でも振込みを受け付けています。
 お金の支払い方法で代引きを選択した場合は手数料が700円となりますが、⑤の表示金額は変化してくれませんのでご注意ください。(300円分の誤差が出ます。)

⑦私は、申し込んだ日の夕方6時頃に振込みを行いましたので、振り込んだ翌日に発送してもらいました。
 先方で発送が完了すると下記のようなメールが届きます。
---------------------------------------------------
お世話になっております。
本日、出荷が完了しましたので追跡番号をお知らせいたします。
お客さまの追跡番号は下記の通りです。
xxxxxxxxxxxxxx
下記の郵便局のサイトより、追跡番号を入力していただければ、
お荷物の状況がご確認いただけます。
http://tracking.post.japanpost.jp/m/services/srv/search/
※お荷物受取り後、できる限り早く中身のご確認をお願いいたします。
--------------------------------------------------
⑨そして、先方が発送した翌々日に外貨が簡易書留で届きました。
 ドルユーロからの書留

 今回は、390ドルという半端な金額であったため、100ドル紙幣は含まれず、下記のような構成になっていました。
  50 AUD ✕ 5枚 = 250 AUD
  20 AUD ✕ 4枚 = 80 AUD
  10 AUD ✕ 4枚 = 40 AUD
   5 AUD ✕ 4枚 = 20 AUD
----------------------------------
  合計         390 AUD

実際の写真がコチラです。
豪州ドル現金

そして娘には、「どんな時でもサンキューの気持ちを忘れないように!」と言ってこの390豪ドルを手渡しました。

続きを読む

2017-04-17(Mon)

【情報編229】海外旅行の前に海外通貨を最安値で用意する方法<古いトラベラーズチェックを換金>

<もくじ>
【ワーキングホリデー】
【トラベラーズチェック】
【トラベラーズチェック→日本円の交換の方法】
【ついに日本円に交換】
【日本円から豪ドルへ最安値で交換】

【ワーキングホリデー】
この度、娘が海外へ行くことになりました。
娘は旅行好きなので、月に1回ぐらいあちこち出かけていますが、今回は特別です。
「ワーキングホリデー」という制度を利用して1年間のオーストラリア旅行に旅立ちます。
オーストラリア

「ワーキングホリデー」と言うのは、青少年が海外でアルバイトなどをしながら長期間(最長1年)の滞在ができる制度です。
この制度は、2国間提携により成り立つため、現時点で日本から利用できる国は14カ国しかありません。
参加資格は、基本的に18歳から30歳(25歳)までの男女です。

【トラベラーズチェック】
私の娘が選んだ渡航先は、日本とのワーキングホリデーの歴史が最も古いオーストラリアです。
オーストラリアと言えば、私が初めて海外旅行をした土地でもあります。
実は、そのときに購入しして持って行ったトラベラーズチェック(T/C)が400豪ドルほど残っていました。
トラベラーズチェックの国内販売はすでに終了していますが、通貨としての価値は同じなので、その国へ行って利用すれば、額面通りの金額として利用することができます。

しかしながら、トラベラーズチェックにはサインがしてあり、購入した本人しか利用できません。
(これが、トラベラーズチェックの魅力で、万が一現地で落としても本人以外は利用できないようになっています。)
ところが、私の場合、日本へ帰ってきたときにすぐに交換せず、ついに二十数年間持ち続けていたのです。
そして、今では国内での発行は終了していることも今回、知りました。

そこで、この機会に私の400豪ドル分のT/Cを娘に渡すことにしました。
しかし、上記のようにトラベラーズチェックに記載された本人以外はトラベラーズチェックを利用できないために、これを換金して渡すしか方法がないことがわかりました。

【トラベラーズチェック→日本円の交換の方法】
一番いいのは、T/Cをそのまま豪ドルに替える方法ですが、これは国内では難しいということがわかりました。
つまり、T?Cから豪ドルにするときに手数料を取られ、今度は日本円から豪ドルにするときに再び手数料を取られてしまうのです。
(ああ無情!)
とにかく、T/Cをなんとか換金しようと、インターネットで調べ尽くして次のような結論を得ました。

①T/Cを額面のまま貯金・・・シティバンクで口座を開いてそこにトラベラーズチェックで入金する
 この方法だと日本円にすることなくトラべラーズチェックがそのまま額面通りの金額で貯金として記載されて、海外のATMで自由に引き出すことができるようになります。
 早速、シティバンクに連絡して自分の持っているトラーべラーズチェックで貯金をしたいという話をしてみました。
 結果は、シティバンクで扱っているのは、自社発行のトラベラーズチェックとアメリカネクスプレスのトラベラーズチェックだけということでした。

②最も換金レートの良い銀行でトラベラーズチェックを日本円にする
 この方法にも問題がありました。
 銀行が扱っているのは基本的に自分の会社が発行したトラベラーズチェックだけなんです。
 私が持っているトラベラーズチェックは当時の旅行で利用したJTBで発行してもらったもので、MasterCard発行(トーマス・クック銀行)のものです。
 実は、このトラベラーズチェックを扱ってくれる銀行は日本には存在しません。
 さらにトーマス・クックという銀行も今は存在しません。

③街の換金所で交換・・唯一の道<トラベレックス>
  トラベレックス・ジャパンは、国内にある外貨両替専門店で、日本中に営業所を持っています。じつは、この会社がトーマス・クック銀行も吸収しています。 つまり、日本の中で、私の持っているトラベラーズチェックを現金に替えてくれる唯一のお店なんです。 ただし、街の両替屋さんですから手数料はけっこう高めです。

【ついに日本円に交換】
 早速、通勤の帰宅途中で寄れそうなお店を探して豪ドルのトラベラーズチェックを扱っているか確認したところ、たしかに私の持っているトラベラーズチェックの交換が可能とのことでした。
 ところが、交換レートを聞いてみると、その時点の豪ドル/円相場に対して15円安程度以上安い値段での買取りとなってしまいます。 つまり、この差額が手数料となんです。 当時(3月中旬)の豪ドル(AUD)の為替レートは87円でしたが、トラベラーズチェックの換金レートは約72円ということでした。あまりの開きに、絶句してしまいました。
 それでも、豪ドルの為替レートは今年の初めからすると徐々に上昇してきており、そろそろ下がり始める気がしていましたので、手数料が高くても換金するなら今のうちしかないと思い、3月14日に換金を行いました。
結果的に4月になって、為替レートが82円台まで下がってきましたので、あの時交換して正解でした。

こちらがトラベレックスで換金した時の書類です。
換金日に為替レートが少し上がったので1豪ドルあたり73.11円で買い取っていただけました。
トラベレックスで換金
<クリックで拡大>

【日本円から豪ドルへ最安値で交換】
 さて、次は日本円を豪ドルに交換することになります。
 こちらも銀行やトラベレックスで交換すると豪ドルの場合、非常に高い手数料を取られてしまいます。
 この件についてもネットで徹底的に調べてみた結果、次のような方法が見つかりました。
 手数料は1豪ドルあたりの金額
①銀行の窓口で交換     手数料  10円程度 400豪ドルで4,000円 
②トラベレックスで交換    手数料  10円程度 400豪ドルで4,000円
③FX会社に口座を作って換金後引き出し 手数料1円以下 400豪ドルで400円
  銀行引き出し手数料 2,500円
外貨両替ドルユーロを利用 手数料 1円程度  400豪ドルで400円
  書留料 400円

 以上の結果から豪ドルについては、外貨両替ドルユーロというネット上のサービスを利用するのが一番安上がりということがわかりました。
この時のドルユーロとのやり取りについては後日、記事を書く予定です。

ちなみにその他の通貨についても比較をしてみました。
銀行のレートは銀行ごとに多少差があるので、今回はトラベレックスのレートとドルユーロの比較を行いました。
4月6日時点の換金レート比較
この結果、USドルとユーロについては、差額が小さすぎて銀行婦込み時の書留手数料400円を差し引くとドルユーロで換金した方が高くなってしまいます。
豪ドルの他に香港ドルや韓国ウォンでもドルユーロを使う価値はありそうです。

豪ドルについてはちょうどキャンペーン中ということでレートが低めに設定してあり、10万円分で1万円以上の差が現れます。
(ちなみに豪ドルのキャンペーンはすでに終了してしまったようです。)
上記の表を作った元資料を下記に示します。

ご確認ください。
トラベレックス換金レート(2017年4月6日)
トラベレックス換金レート
(クリックで拡大)

通貨両替ドルユーロ換金レート(2017年4月6日)
ドルユーロ換金レート
(クリックで拡大)

関連記事
情報編229】海外旅行の前に海外通貨を最安値で用意する方法<古いトラベラーズチェックを換金>
2017-03-26(Sun)

【情報編228】ローソンで200円分のお買い物券がもらえます!

このキャンペーンは、Pontaカードをお持ちの方だけが参加できます。
もしも、まだ持っていない方は、ローソンで無料発行しているPontaカードをもらってからご参加ください。

まずはキャンペーンサイトをご案内します。

Pontaカードで200円
PontaWebの利用で200円分のお買い物券
上記のリンク先から「エントリーしてお買い物券をGET!」という部分をクリックすると下記のような画面になります。

まだ、PontaカードのWEB登録がお済みでない方は、下記の画面の「Ponta会員ID」という部分にカードの会員ID(15桁)を入力して、Ponta WEBに登録するだけでキャンペーンエントリー完了です。
PontaWEBに登録
PontaWEBに登録

すでにPontaWEBに登録済みの方は、「PontaWEB利用手続きがお済みの方は・・・・」という部分をクリックするだけで参加できます。

キャンペーンへの登録が完了すると、下記のような画面になります。

キャンペーンコード発行

この画面から「発券コード・発券キーを表示する」という部分をクリックすると下記のような画面になり、「発券コードと発券キー」が表示されます。
キャンペーンコード
この画面を印刷するか写真に撮ってローソンに出かけてください。
(スマホの場合は、この画面をそのまま表示させてご利用ください。)

ローソンへ行ったら、Loppiという機械のところでへ行き、Loppiトップ画面左の「各種番号をお持ちの方」をタッチし、取得した「発券コード」「発券キー」を入力します。
Loppi_03

先着100万名さま」とのことですが、実際100万名も登録しないのでは?

このお買い物券の発行は3月31日までで、使用期間はLoppiでの発券後1週間です。


2017-03-13(Mon)

【情報編227】月額890円で使えるレンタルサーバ<Zenlogic>は、SSLが無料?

【ワードプレス】
最近、私はワードプレス(Wordpress)にハマっています。
ワードプレスと言うのは、レンタルサーバ上にブログを置くことができるサービスです。
例えば、この「お買い物上手になりたい!」というブログは、fc2という無料ブログのサービスを利用しています。
無料ブログは誰でも簡単に始められてとっても便利ですよね。

でも、無料ブログには必ずと言っていいほどどこかに広告が入ってしまいます。さらにfc2の場合、一ヶ月以上ブログの更新を怠ると「この広告は一ヶ月以上更新がない場合に表示されます。」というメッセージとともに広告が表示されます。

更新しないこちらも悪いとは思いますが、個人的な都合で更新できないこともあるので、この広告は表示してほしくないと常々思います。
そんなこともあり、最近はレンタルサーバを借りて新ブログを始めています。

興味がる方はこちらから御覧ください。
住まいのリフォーム決断の時
マイリフォーム
これは、私が今回自宅のリフォームにあたって、いろいろな業者を比較した上でリフォームを実施した経緯を書いています。

このブログが正にレンタルサーバを借りて書いており、独自ドメインも取得しました。
ドメイン名は、http://myr-rehome.comとなっています。

「レンタルサーバ+ワードプレス+独自ドメイン」と組み合わせることで、ブログを独自のホームページのように使うことができます。

私も以前は、ホームページを作っていたこともありますが、ホームページを作ろうと思うとHTML(ハイパー・テキスト・マークアップ・ランゲージ)という一種の言語を覚えないといけません。
また、ページを作成するたびにその都度、サーバへアップロードする作業が発生します。
これって結構面倒くさいんです。

その点、レンタルサーバ+ワードプレスなら、「新規投稿」から記事を書いて「公開ボタン」をクリックするだけで、データのアップロードが完了してしまいます。
独自サイトとなるため、アカウントが停止することもありませんし、サービスが終了することもありません。

その他の無料ブログの場合、ある日突然サービス中止となる可能性もあります。
また、アメブロなんかの場合、定期的にメンテナンス作業がありますので、ビジネス記事だったりしたらメンテナンス期間中は閉店と同じ状態で全く記事が表示されなくなってしまいます。
(そもそもアメブロは商用利用禁止ですけどね(笑))

【レンタルサーバ】
もしも、ビジネスのホームページを始める場合であれば、無料ブログよりも上記のようにレンタルサーバを使うほうが、断然有利です。
無料ブログと違って維持費が発生してしまいますが、ビジネスであれば、ビジネスの成果からその費用を捻出すべきです。
レンタルサーバも安いところは月額1,000円以下で借りられるところもあります。
その一つが、今回ご紹介する<Zenlogic>です。



こちらでは、300GBまでであれば、月額890円(税別)で使用することができて、さらにSSL(Secure Sockets Layer)といって、ホームページ上で入力した情報を暗号化してサーバに送り出す機構を無料で使用することができます。

この機能があるとネット上でお客様情報を入力する必要がある場合、第3者にその情報が漏れることなく、サーバまでお客様情報を届けることができます。
通常、SSL証明書は専門の認証機関が行うのですが、<Zenlogic>の場合は、この証明書発行をサーバ利用者に無料で発行してもらうことが可能となっています。

SSL証明書の発行により、WEBサイトの常時SSL化が可能となります。
これは非常に大きなメリットとなりますし、これからの重要なトレンドになってきます。

これからインターネットでビジネスを始める場合、<Zenlogic>は検討の一つに加えてもいいのではないかと思います。

もちろん、ワードプレスのインストールも可能なので、私のように独自ドメインでのブログ作成を行うこともできます。

プロフィール

安物バイヤー

Author:安物バイヤー
ようこそいらっしゃいませ!
私は、安くて良いもの、美味しいものを見つけることが好きです。
毎週週末には買い物に出かけ、安いもの、お得なものを見つけては購入しています。
また、ネットでも安いものが見つかれば購入します。

そんな中で、私が買っているものやお得な情報をあなたにお伝えしたくてこのブログを書いています。

もしも、気になることやお得な情報を知りたい方はメッセージを送ってください。
私の知っている情報をお知らせします。

あなたの知っているお得情報も歓迎です。
ぜひお知らせください。

ランキングに参加中
応援、よろしくお願いします。

blogram投票ボタン


現在位です。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村
現在位です。

順位が上がると励みになります。

おきてがみ

<おきてがみは、

 足あとを残せるツールです。>

pochitto_tag
アクセスアップSNSポチッとへ


楽天&お勧め


29980円パソコン


ユーモアと物欲を刺激するショッピングガイド「カラメル」ラー油特集

引越し比較

お得な引越し情報

100社以上から引越し比較


カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事
携帯ショップ始めました!
下記のバーコードを読んでみてください。
ブロとも一覧

WiMAX:コスパNo1の理由

Bro.Leeの☆きらきら☆ステキ・ブログ

イケてる貴方のレディース・ファッション・ライブラリ

あなたの健康はお金で買えますか・・・?

わくわく株式投資

k-ナインライフ

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報
検索フォーム
お勧め

本日のお勧め

キャンペーンバナー

グアム旅行

ミュゼプラチナム




世界で人気抜群製品は」これだ!





クロックス オンラインショップ

リンク
ヤフオクでお得にお買い物
お買い得衣類
アンケートコーナー
●アンケート
あなたのパソコン性能を下記のサイトで測定して投票してください。

CPU計算処理速度測定機

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード